産官学連携活用

活動内容

●2019年度活動方針
 2018年度は、産学連携の新しい潮流として各大学でも取り組みが活発化している「大学発ベンチャー」を取り巻く環境や課題について、現場で関与されている方を講師として招き最新の情報提供をしていただくとともに、講師とメンバー間で活発に意見交換を行いました。
 2019年度は、「地域に根差した産官学連携の活動を探る」ということをテーマといたします。米国においても、大学の技術のおよそ2/3はベンチャー、中小企業へライセンスされています。日本においても地域に根を下ろした産学連携の活動が活発化してきているようです。本WGのメンバーの伝手も最大限生かし、現場の最新事情を探ってゆきたいと思います。
 本WGは、産・官・学という異業種のメンバーが利害関係なく交流できる場でもあり、互いに刺激し合い、そこから新しいアイデアが生まれる可能性も秘めています。メンバー間の活発な意見交換や交流にも力を入れてゆきたいと思います。新しいメンバーも大歓迎ですので、この分野に興味をお持ちの方は、是非、気軽にご参加ください。

●2019年度活動計画
第1回 3月15日(金)16時 開催予定
 本WGのリーダー岡田とサブリーダー吉村が共著で「les Noubelles」に寄稿した日本の産官学連携(技術移転)の最新事情のレポートの内容をご紹介するとともに、2019年度の活動方針について意見交換をさせていただく予定です。
 LESインターナショナル大会(横浜)のワークショップ (5月27日13:30開催予定)
「Knowledge Transfer from University」というテーマで、各国の産学連携の現場で活躍されている方にパネリストとして登壇いただき、パネルディスカッションを行う予定です。日本からは東京大学TLOの山本社長が登壇されます。

第2回 7~8月頃  

第3回 10月~11月頃

 地域産学官連携の現場で活躍されている方を講師として招き、地域産官学連携の最新事情を語っていただくことを検討しています。
*年に4回程度の開催を予定
*電話会議システムを利用し、関西のメンバーにも参加いただける体制を取ることも検討中

開催予定

最終更新日:2019/06/24

次回

  • ・日時:2018-11-30 16:00 ~ 18:00
  • ・場所:シティユーワ法律事務所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-2 
    丸の内三井ビル9階
    http://city-yuwa.com/overview/ov_accessmap/index.html
  • ・第3回研究会
    ■講演テーマ:大学発ベンチャーの可能性と課題(仮)
    ■講師:PicoCELA株式会社 代表取締役社長、工学博士 古川浩様
  • ・第3回研究会は、九州大学から飛び出したベンチャー企業PicoCELA株式会社の代表取締役社長である古川浩様を講師としてお招きします。
    古川様は、九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報知能工学部門の准教授を勤めていた2008年にPicoCELA社を創業。2010年同大学教授を経て2018年3月には大学を退職し、現在は、急成長しているPicoCELA社の経営に注力されています。
    全世界で70件以上の登録特許を保有し、100編以上のジャーナル・国際学会論文等を出版。
    九州大学に所属する以前は、NEC株式会社ネットワーク研究所に所属。
    アカデミアの世界からベンチャー経営まで、幅広いご経験をお持ちの古川様に大学発ベンチャーの可能性と課題について、自らのご経験も踏まえて熱く語っていただきます。
  • ・研究会の後に講師との交流会も開催いたします。
    交流会の会費は1500円です。
    ※当日キャンセルの場合は、後日お支払をお願いします。

次々回

  • ・日時:2019-06-11 16:00 ~ 18:00
  • ・場所:シティユーワ法律事務所
  • ・■講演テーマ:知って頂きたい知財に関する大学の現状
    ■講師:山口大学学長特命補佐(知的財産戦略)・山口大学顧問弁理士・知的財産センター東京所長 佐田洋一郎先生
  • ・●講義の趣旨(講師より)
    法人化後16年を経過し、文科省の指導により産学連携活動が推進され、知財活動も活発化して来ている。それに伴って、各地の大学で人材の公募が盛んに行われ始め、多くの知財や契約等の専門家が大学に入って来ている。ところが大学という、企業とは異なる文化や仕組みで運用されており、初めての人にとっては、戸惑いの連続であるとよく聞かれている。今回は大学という、言わば特殊な状況等を知って頂くことにより、少しでもトラブルを回避したり、大学を円滑に支援していただくことを願って、特に問題が生じがちな情報をお知らせしたいと、考えている次第である。何らかの参考になれば幸いである。
※ワーキンググループに初めて参加を希望される方は、事前にワーキンググループリーダーにご連絡ください。
リーダーの連絡先及びメンバーリストは会員専用ページをご参照ください。非会員の方は事務局(les@din.or.jp)までご連絡ください。
ページトップへ