日本ライセンス協会 LES
会員専用ページ LESI English
HOME
協会の活動 情報発信 機関誌 入会案内 会合の案内 連絡先 リンク
月例研究会催事情報情報のひろば年間行事LES Japan ライセンス実務講座国際会議報告
各ワーキンググループの活動
催事情報



LESI横浜ロゴマーク募集要項

1.

趣旨
  本要項は、日本ライセンス協会が2019 年に開催する国際大会、”LESI 横浜2019“ (以降「本大会」と呼びます)の意義、目的、内容を内外にアピールするためのシンボルとなる、 本大会の公式ロゴマークのデザイン募集に関して、必要な事項を定めるものとします。日本ライセンス協会の趣旨、組織などについては、本サイトの「日本ライセンス協会とは」及びパンフレットをご参照下さい。
   
2. 募集内容
 

募集作品:本大会の、公式資料、広報、宣伝活動など、全般的に使用するロゴマークを募集します。日本・横浜・連携・文化・知的財産等を想起させる明るく、親しみがあり、且つ知的なイメージのロゴマークを作成し、その制作意図とともに応募してください。オリジナリティのある作品をお待ちしています。
応募資格:2016年11月14日現在、全国芸術系大学、大学院、専門学校に所属する学生であること。日本国内在住者に限ります。
応募条件・応募方法
 

-

ロゴマークには、以下の内容を作品に必ず含めるようにして下さい。
【LESI 2019 YOKOHAMA】
- お一人何点でも応募できますが、一作品につき次の作品及び電子データを提出して下さい。
  【1】次の[1]から[4]の作品等をA4版サイズにプリントして提出すること。(3枚〜6枚)
   [1]カラーのロゴマーク
   [2]モノクロのロゴマーク
   [3]ロゴマークのコンセプト(所定の応募用紙
   [4]展開例(任意提出。A4版サイズ3枚以内)
【2】選考用のデジタルの作品データ(JPEG、PNG、GIF又はPDFで3MB以内)
- 色彩は自由ですが、単色で使用する場合も考慮して制作してください。
また、モノクロ加工や縮小加工にも対応できるものとします。
- 公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むものは審査の対象外になります。また第三者の著作権、商標権その他の権利を侵害しているものは応募できません。また、採用決定後に、これらの条件に違反していたことが判明した場合、採用は無効となります。
- 応募作品は国内外で未発表、未公表のもので、応募者の自作の作品に限ります。
- 応募頂いた作品は返却できませんので、予めご了承ください。
【3】最近の LESI の大会(パリ、北京、モスクワ)で使用されたロゴマークは下記のサイトでご覧になれますので、ご参照ください。
◆2017年パリ大会
◆2016年北京大会
◆2014年モスクワ大会
 

-

採用作品には別途「納品用データ」を提出願います。
募集期間:2016年11月14日から2017月1月31日まで(必着)
審査方法:本大会、ロゴマーク/キャラクター審査委員会の厳正な審査の上、最優秀作品一点を採用致します。その際、審査委員会の判断により、必要に応じてデザインに修正・変更を加えて頂くことがございます。
発表:2017年3月初旬予定。採用作品の作者ご本人に通知するとともに、日本ライセンス協会ホームページ上で発表致します。
賞金:最優秀賞(採用作品)1点、賞状、2017年5/9-12にメルボルンで開催されるLESアジアパシフィック大会への参加ご招待(往復エコノミー航空券、宿泊費、会議場での食事を含む。パスポート取得代、現地での観光費その他渡航に関する費用で上記以外のものは含まない。)又は、上記大会への参加が学業等の日程との関係で困難な場合には賞金20万円(税込み)
3. 知的財産権について:採用作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)、商標権、その他一切の権利は、日本ライセンス協会に帰属します。また、採用作品について、日本ライセンス協会または日本ライセンス協会により正当に権利を取得した第三者及び当該第三者から権利を承継した者に対し、採用作品の作者は著作者人格権を行使しないものとします。 採用作品のデザインは、選定委員会の判断により必要に応じて修正・変更する場合
4. 個人情報について:個人情報については、選考・発表に関わる事項、本大会ロゴマーク募集の目的以外で使用することはございません。 個人情報の取り扱いにつきましては、応募された段階で、応募者の同意を得られたものとします。
5. 応募先およびお問い合わせ先
  〒105-0001 東京都港区虎ノ門2−9−14 発明協会内
日本ライセンス協会事務局
e-mail:les@din.or.jp




2016年9月度 ブランディングWG 講演会のご案内

 ブランディングWGでは、9月の定例会を、文化庁長官官房審議官である磯谷桂介様にお越しいただき、文化プログラムの実施に向けた文化庁の取組について、ご講演いただくこととなりました。

 つきましては、9月定例会にブランディングWGのメンバーでないLESの会員の皆様にもご参加いただきたく、ご案内いたします。

 文化庁では、日本全国の文化プログラムの情報の集約と、多言語を用いた、その国内外への発信をするため、“文化情報プラットフォーム”(ポータルサイト)の構築に取り組んでおられます。2020年のオリンピックの前後に渡り、国、地方公共団体、そして民間企業がタイアップしたプロジェクトの実施が計画されています。

 特に、国と東京都が一体となって推進する文化プログラムを“beyond 2020”と銘打ち、専用のロゴマークを作成し、鋭意推進される予定であるとうかがっております。こうした文化プログラムの実施に向けた取組は、ブランディングWGが扱うブランドの保護・活用の観点から見て、日本の文化を対象としたブランディング活動そのものであり、大変興味深いものです。

 100名の聴講者を受け入れられる会場をご用意いたしました。会員の皆様、会員企業の皆様であって非会員の方でもご参加いただけます。万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 また、講演会終了後、18時〜19時半に、会場近くで懇親会もございます。是非、懇親会へのご参加をお願いいたします。



日 時: 2016年9月5日(月) 15:00−17:30
演 題:

「文化プログラムの実施に向けた文化庁の取組(仮)」

講 師: 文化庁長官官房審議官 磯谷 桂介 様
司 会: 筒井 章子(特許業務法人筒井国際特許事務所)
会 場: 飯田橋 東京理科大学「森戸記念館」第1フォーラム(B1F)
東京都新宿区神楽坂4−2−2 案内図はこちら
参加費: 無料 (会員、継続会員、一般の方すべて)
懇談会: と き: 2016年9月5日(月) 18:00−19:30
ところ: 飯田橋 東京理科大学「理窓倶楽部」(PORTA 神楽坂6F)
案合図はこちら
参加費: 2,500円
詳 細: さらに詳細な情報はこちら[Word43KB]




 
ページトップへ

Copyright (C) 2005-2016 LES Japan. All rights reserved.