ヘルスケア

メンバーリスト

活動内容

2017年度活動方針

 昨年上期はiPS細胞、幹細胞等の知的財産及びライセンス面の検討、下期は先発・ジェネリック医薬品双方のメーカーの立場からの知的財産判例に基づく検討など話題になった分野について講師を招いて勉強会を行いました。

 ヘルスケア業界が中長期で大きく変わる可能性があることを鑑み、本年は少しマクロにみる業界の動きを知的財産面も絡めて勉強していきたいと考えております。具体的な活動方針は2月22日(水)の第一回ヘルスケアWG勉強会で参加者に意見をだして戴き決めていく予定です。


2017年度活動計画<暫定活動計画>

・第一回:2月22日(水)

日本アイ・ビー・エム株式会社のワトソン事業、ヘルスケア担当部長の川口克己氏より「医療・医薬品業界におけるAI活用の現状と将来」の演題で講演戴きました。


・第二回:日程未定

メンバーより下記の通り提案されている今後の討議テーマ案をもとに次回開催を決める予定。

1)ヘルスケアにおけるDisruptive Technologies
2)特許権存続期間延長登録制度
3)知財戦略が成功を収めている企業の実例研究
4)AIを用いた創薬における知的財産権に係る課題及び解決策

開催予定

最終更新日:2017/05/01

次回

  • ・日時:未定
  • ・場所:未定
  • ・テーマ:未定

次々回

  • ・日時:未定
  • ・場所:未定
  • ・テーマ:未定
※ワーキンググループに初めて参加を希望される方は、事前にワーキンググループリーダーにご連絡ください。
リーダーの連絡先は会員専用ページをご参照ください。非会員の方は事務局(les@din.or.jp)までご連絡ください。
ページトップへ